佐世保の自然とグルメとお土産

headline

佐世保で異国情緒を味わうなら夜が狙い目

read...

都会と田舎が混じり合う街

read...

佐世保のソウルフード佐世保バーガーについて

read...

佐世保に来たらハウステンボスへ

read...

定番グルメ

佐世保で人気のグルメと聞くと、多くの方が佐世保バーガーを思い浮かべるのではないでしょうか。そのくらい人気のあるグルメですよね。では、佐世保バーガーとは一体どのようなものをさすのでしょうか。他の一般的なハンバーガーとの違いなどについて色々と見ていきたいと思います。まず、誕生の由来ですが佐世保には旧日本海軍があり、そこから繁栄した街なのです。その後も米軍基地が置かれ様々なアメリカ文化が入ってきました。
そこから、この佐世保バーガーが生まれたのです。佐世保バーガーのレシピですが、これは米軍の方から直々に伝えられました。初めはアメリカ人向けに販売されていたのだそうです。しかし、やがてそれが佐世保の人々にも伝わり、佐世保流に変化していきました。そして、佐世保バーガーの特徴はオーダーを受けてから作り始めることです。
ですので、これが佐世保バーガーだというような決まった形がありません。これが一般的なハンバーガーとの違いですね。ですので、同じ佐世保バーガーでも店舗によって味やサイズも全く違ってきます。しかし、どのお店も手作りかつ作り置きをしないというコンセプトを持っています。どこに行っても、作りたての美味しいハンバーガーを食べれるのは嬉しいですよね。佐世保に来たら一度は食べておきたい定番グルメですね。

各方面から見た佐世保

長崎県北部地方に位置する佐世保市。数多くの観光地やグルメが存在し、中でも佐世保バーガーは地名も入っている為一番有名なのではないでしょうか。今回はそんな佐世保について、自然とグルメ、お土産に分けてご紹介致します。
展海峰は佐世保市内からやや離れた場所に位置する絶景スポットです。ここからは島々が密集した九十九島が一望できます。島の密度は日本一といわれており、その島々を縫うように進む、遊覧船「海王」もハッキリと見えます。また、敷地内には数多くの花々が咲いており、春は15万株の菜の花、秋は15万株のコスモスが咲き、花の観光名所としても有名です。
レモンステーキとは、アメリカ海軍の影響で流行したステーキを日本人の口に合うようアレンジして考えられた、佐世保発祥のグルメです。食べやすいよう薄切りにした肉を、焼きあがる直前にレモン風味の醤油ベースソースをかけ、サッパリと食べられる一品です。
九十九島せんべいは佐世保のお土産として定番の商品です。六角形の形をしたせんべいの中に、九十九島をイメージしたピーナッツがちりばめられ、甘くて香ばしい美味しさです。いかがでしたか?これ以外にもまだまだたくさんの観光スポットやグルメがあります。今回ご紹介した内容を参考にして頂き、足を運んでみてはどうでしょうか。